menu

CLUB LAZIO

福岡市博多区中洲2-5-13 ヤエスビル2-1F

TEL.092-273-1133

勤労感謝の日!

明日、11/23(木)の勤労感謝の日は
店休日となっております。

勤労感謝の日と言えば、
多くの方が「働いている人を労い感謝する日」と
思っているのではないでしょうか?

しかし実は、勤労感謝の起源というのは
そうではないらしいのです。

調べてみると、勤労感謝という言葉とは
すぐには結び付かない伝統行事が関係していました。

また近年は、祝日を月曜に移動させて、
土曜・日曜・月曜と連休をとりやすくする
ハッピーマンデー制度が導入されていますが、
どうして勤労感謝の日は
月曜に移動にならないのか不思議ではないでしょうか?

勤労感謝の日、というくらいですから、11月23日は働いている人に感謝する日だと思う方が多いと思いますが、実はその起源は「新嘗祭(にいなめさい)」という五穀豊穣を感謝する儀式とされています。

戦前から、日本では毎年11月23日に、収穫した農作物を神様にお供えすると共に、その作物を天皇が食する新嘗祭が行われていました。

つまり、勤労感謝の日は、元は収穫をお祝いするものだったのです。

ところが、戦後になるとGHQの指令によって、天皇が関わる祭日は祝日として取り扱わないことになりました。

このため、新嘗祭は廃止され、その代わりに勤労感謝の日が設けられたのです。

なお、新嘗祭は飛鳥時代に始められたといわれ、旧暦では11月の2回目の卯の日に行われていました。

それが新暦になると、1月に行うことになってしまうため、季節的にも都合が悪いということで、以前と同じく11月の2回目の卯の日に行われたのですが、新暦や施行された明治6年の11月の2回目の卯の日が11月23日だったことで、以後11月23日に固定されたと言われています。

現在の勤労感謝の日は、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とされています。

たつとびには、尊敬や尊重、重んじるという意味があることから、「仕事を大切にして、作ったものを国民みんなで喜び、感謝し合いましょう」というニュアンスになると思います。

また、勤労感謝の日の起源が新嘗祭ということから、昔は農作業を中心とした捉え方をされていたようですが、近年は仕事が多様化していることもあり、ここでいう勤労は単に肉体的なものを指すだけではなく、研究や文化的な功労なども生産に値するものとして捉えているようです。

そのため、勤労感謝の日はお父さんだけを労うというよりも、生活の営みに貢献している全ての人に、お互いが感謝し合うというのが現在の考え方と言えそうです。

近年は、祝日を月曜に移動させて、土曜・日曜と連休にするハッピーマンデー制度が導入されていますが、勤労感謝の日には適用されていません。

これにはきちんとした理由があり、勤労感謝の日は元々新嘗祭という祭日だったことが関係しています。

祭日とは、皇室に関わる儀式や祭典が行われる日を指してしますが、昭和22年になると皇室祭祀令が廃止され「国民の祝日に関する法律」が施行されたことにより、祭日はなくなり祝日に統一されています。

しかし、現在でも元は祭日として制定されていた行事に関しては、その日に儀式を行うことに意味があるため、月曜に移動することはありえないのです。

そのため、勤労感謝の日以外にも、昭和天皇の誕生日である「昭和の日」や今上天皇の誕生日である「天皇誕生日」、明治天皇の誕生日である「文化の日」、5月5日の「こどもの日」など、皇室に関わることや宮中行事として行われてきたことは、日にちの移動は行われていません。

今夜もハイレベルなキャストを
取り揃えて
皆様のお越しを、
心よりお待ちしております!
????????‍♂️